土地探しの前に知っておきたいこと

新着情報

2013年8月6日  家で気持ち良くお風呂に入ろう

入浴と言えば、それがあまり好きではない人も中に入りますが、結構好きな人も多いのではないでしょうか。ちなみに、この入浴ですが、ちょっと工夫するだけでより一層快適になるのをご存知ですか。まずは入浴剤を使ってみるという事です。人はいろいろな香りによって快適さを感じたりする事も有ります。出来れば自分の好きな香りのものを選んで、それを利用するのもかなりお勧めです。そうする事で、お風呂の中が自分にとってリラックス空間となっていくでしょう。もう一つは、お湯の量と温度を調整する事です。お風呂のお湯ですが、かなり多いのが好きな人もいれば、そうではなくて少な目の方が好きな人もいます。また、人によってはあまりにも量が多いと息苦しくなってしまう事も有るので、自分にとって適量を知るのが重要です。また温度に関しても、しっかりと注意するようにしましょう。ぬるいのが好きな人は、あまり高い温度にはせず、また熱い方が好きな人は自分の好きな熱さにするのがお勧めです。だから、なるべく入浴中は適温をキープできるようにするとかなり快適になります。例えば、温度が高い方が良い人は、こまめに追い炊きをするとか、熱いお湯を足すようにすると良いでしょう。

土地を購入するときには物件情報を探したり選んだりする段階で
ある程度の知識が必要になってきます。
何にも知識がないままであったら自分の希望に合ったような土地を選ぶのは難しいです。
知識が無いという場合には自分で勉強するということになりますが、わからないところに関しては
不動産業者に尋ねるのもいいでしょう。

今回は土地探しの前に知っておきたい知識について紹介していきます。
都市計画法や建築基準法などで用途地域による建築物の用途制限があります。
用途地域というのは第一種低層住居専用地域や第一種中高層住居専用地域、第一種住居地域、準住居地域、
商業地域など12種類が定められています。

これらの用途地域の中で最も住環境に優れているものは第一種低層住居専用地域になりますが、
住宅専用の地域というわけではなく建築物の用途が限られてはいますが住宅以外のものが建つ可能性はあります。
なお、住宅を建てることができない用途地域は工業専用地域だけになります。
用途地域で注目しないといけないことは少なくても用途地域によって建築できるようなものが
異なるということと、用途地域が住環境をかなり左右するということです。

土地の権利には所有権と借地権に大きく分かれていきます。
所有権というのは自ら土地を所有する権利になります。
借地権は第三者が所有する土地を建物を所有する目的で借り、その土地を使用する権利になります。
借地権というのはさらに地上権と賃借権の2つに分かれてきます。
地上権というのは借地上の建物を第三者に譲渡したりすることが自由であるのに対し、
賃借権の場合は地主の承諾を得て第三者に譲渡する必要が出てきます。

一戸建て住宅における借地権はそのほとんどが賃借権になります。
現在の借地借家法は平成4年8月1日に施行されており、施行日以降に
新しく設定された借地権に関しては現法が適用されていますが、それ以前から
存続する借地権に関しては引き続き旧法が適用されます。
借地権の土地を購入するときには権利関係などの確認をする必要があります。

建築基準法で定める道路は原則として幅が4m以上ないといけなくて、
これに足りない場合は道路の両側で均等に敷地面積を下げる必要があり、
このことを敷地のセットバックと言います。

セットバック部分の面積は敷地面積から除かれますので、もともとの敷地面積が
狭くセットバック面積が大きい時には建築計画に大きな影響を及ぼします。

土地購入のために不動産売却で高い評価を受ける方法を知っておけば、不動産の売却で入った資金を土地購入に充てることが出来ます。
不動産を売却する前に何もせず査定に出してしまうのは、言語道断です。
少しでも査定額を上げるために、出来る限りのことをしておきましょう。
例えば、ハウスクリーニングです。
「どうせ売ってしまうのだから」と言って、住んでいた状態のまま査定に出すと
クリーニング代をしっかり引いた査定額を出されてしまうでしょう。
また、リフォーム物件は新築のような内装で、買主の目に留まりやすく人気が高いです。
リフォームした金額分のお金は売却すれば手元に戻ってきますから、先行投資のようなものと考えればいいでしょう。
土地購入の資金作りをお考えならば、査定の前に不動産にひと手間かけてみませんか?